2010年11月1日月曜日

経験値が1足りなかったせいで・・・。

経験値が1足りなかったせいで
新領地を切り開く事ができず時間ロスだしまくりの東堂兵衛です・・・。

現在、当9鯖徳川家は4強の一角上杉家と合戦中・・・。
織田、武田、上杉、島津の4強はもう不動と言っても良いでしょう・・・。

かつて体験した事のない程のスケールでの戦闘になっております・・・。

ってか、
一回目の合戦マッチングは
恐らく相思相愛による決定であると推測・・・。
ということは
まず織田と浅井がいきなり一回目にマッチングされるなんて事は
有り得ない・・・みたいなシステムになっていると考えられる。

つまり、一回目のマッチング投票には
自分達となるべく力関係が拮抗している相手を
選ぶべきであり
極端に強い相手を指名するのは論外にしても
極端に弱い相手を指名しても
相手からの指名がなければ流れてしまい
二回目のマッチングで
自分達以外に強豪しか残っていないような状況になってしまったら
今回のような悲惨(?)な結果を招くような気がしてならない・・・。

もう・・・上杉家強すぎっ!なようなものを
まざまざと見せ付けられるだけの
大量に兵力を失うだけで得る物が少ないような
そんな戦となっております・・・。(TT)ノ


盟主奥村殿が落とされると敵に戦功超ウマーな事になってしまうので
それを阻止すべく援軍を繰り出す・・・。
ただ、盟主殿の本拠地まで精鋭騎馬だけで編成した部隊でも
4時間もかかるのでやっぱりその近くに自分の村でも欲しいところか・・・。

一箇所に兵力が7万を超えるのも今回初めて見る・・・。
これならそう易々とは落とされまい・・・。(とその時は思っていた・・・)



盟主殿の近くに張っていた陣に敵が迫っているとの情報が入る・・・。
ここを落とされると盟主殿が危なくなった時に
追加で援軍を送れなくなってしまう・・・。
急遽自陣に主力を集める事に・・・
これだけ兵力が集まれば守りきれるだろうと考えていた・・・ だが・・・。






な、な、なんと超強力な合流攻撃を受けて
たったの一撃で陥落・・・。
お、おそるべし上杉軍・・・。

ここまで大きな規模の合戦は初めてだが
それ以上に約17000からの兵力を配置していた陣が
たったの一撃で破壊されるという事態に驚きを隠せない・・・。

ほどなくして
盟主殿の城も敵の波状攻撃を食らって
開始初日の夕方に陥落・・・。
敵に9000近い戦功を与えてしまう・・・。

4強の一角とはいえ・・・もはやこれ程までとは・・・。
む、無念・・・。


主力カードの面々が経験値を獲得するも
失った兵力を考えるとなんとも割に合わないような気が・・・(TT)

まず、この戦で下級兵の類は全滅・・・。
約6000程生き残っている精鋭騎馬はこの戦が終わったときに
☆7を所領化する為に温存しておこう・・・。

失うものだけが多くて
なんとも得るものが少ない戦であろうか・・・。

☆7の1211×1 4450×3を所領化して全部の建物レベル10くらいの
国力が整ったら満を持して反撃開始と行きたいと
ひそかに狙っているのだが
果たしてそれはいつになる事やら・・・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿